先日、日本弁護士連合会(日弁連)さん主催

のシンポジウム

「ESG投資において評価されるダイバーシティ

のあり方」に出かけてまいりました。

(ESG投資:環境、社会、企業統治に配慮

している企業を評価、選別して投資すること

を言います)

お仕事のあと、パネルディスカッションからの

参加でした。みなさまのお話、まさにESG投資の

最前線のお話が伺えてとても面白かった中、

特に興味深かったのが、

株式会社丸井グループCEO、青井社長のお話。

実際にESG、特にSの要素の一つ、

ダイバーシティに取り組み始めてからは、

企業価値が高く評価されているとのこと。

もともと、ワークライフバランスや女性活躍、

働き方改革といった一連の施策は、企業が

生き残っていくための経営戦略になる、という

観点でお伝えしてきた私としては、実際に

こうした取り組みによって、企業が高く評価

されているという実例を見ることができ、

いよいよこうした認識が広がってきたのだ、と

ワクワクするお話でした。

どうやって「多様性を受容していったか」

=”ダイバーシティをインクルージョン”

していったかについて、具体的に伺うことが

できたので(こちらもとても面白かった!)

自分のお仕事の中で、みなさまに

お伝えしていきたいと思っています!

財務の講義でももちろんお伝えして

いきますよー!

*尚、日弁連では、こうしたダイバーシティ推進

の一環として、社外取締役への女性弁護士

名簿のご提供を行なっているとのこと。

企業様でご興味のある方、

窓口はこちらです。