みなさまこんにちは。
東京は雨降りの朝を迎えています。蒸し暑さは一旦おやすみ、でしょうか。
体調気を付けてまいりましょう。

さて、なんとかお天気がもった(笑)昨日、弊社セミナーを開催してまいりました。
「簿記がわからなくてもOK!
出来上がった決算書、さくっと分析、経営に活かしてますか?」

でございます。

決算書(損益計算書と貸借対照表にしぼって)の構造、決算書分析の3つのポイント、
実際の企業事例を使った分析計算とその活かし方についてお伝えしてまいりました。
分析計算は実際に手を動かしていただきます。

事例にはコンビニを使用。みなさん、普段「なんとなく」感じていることが
数字に現れているコトを実感していただけたようです。

数値はまぎれもない「結果」であり、これをどう分析し、行動にスピーディーに
移していくかが知恵の使いどころ。楽しいところでもあります。
数値に一喜一憂するのではなく、「次どうするか」を決めるデータのひとつ、です。

働くこと、特に経営は常に意思決定の連続です。
正直ラクじゃないこともたくさんあります。
その部分で少しでも経営者の方たちのそばにいてサポートすることが
自分の仕事のひとつだと思っています。

今年は定期的にセミナーを開催いたします。次回は7月25日を予定しております。
テーマは何にしようか今考え中です♪またご連絡いたしますね!

今回ご連絡をいただいて、残念ながらお越しになれなかったみなさまも、
次回お会いできることを楽しみにしております。

それでは足元に気を付けつつ、よい一日を!