【物語に多少触れる内容が含まれますので、まだディズニー映画「アナと雪の女王」をご覧になっていない方は閲覧ご注意くださいませ】

先日、大人気のディズニー映画「アナと雪の女王」を見に行ってきました。あんまりアニメ映画は見に行かないんですが、あまりに話題になっておりましたので。

衝撃。

お姫様は最後に王子さまと結ばれてめでたしめでたし(ゴールは幸せな結婚!)

という物語を聴いて育った昭和世代には、新しさ満載でした。

中でも新しかったポイントは二つ。
まず、女王が自分は「これでいいのよ」と自分を認めて、自分らしさを受け入れる場面。主題歌で紡がれるこのシーンは、本当に圧巻です。劇場で見てよかったと思える映像の迫力。そして、その決断の潔さに心を打たれました。男前だわエルサ。
もうひとつは、最後の「真実の愛」が王子さまから「与えられる」愛ではない、というところ。むしろ、「与える愛」が描かれていると思いました。

このところ元気な女性を描いた映画が多いなあとは感じていたのですが、批判を恐れず自分らしくいるのがいい、というところと、王子様のキスが真実の愛ではなくて・・・(これは映画みてのお楽しみ)というところが、「いやー、小さい頃から聞いて育ってきた物語とは結構違うなあ」という印象。

こういうのって、案外見た子どもの心の中に残るんじゃないかなと思ったりします。主人公の二人のようになりたい、という女の子は、「いつか白馬の王子様がむかえに来てくれたらいいな」っていう物語を聴いて育った私たち世代とは違う夢を思い描くのじゃないかな、と。

このほかにも、見どころ満載です。子どもから大人まで広い年齢層の方がご覧になっていて、男性率も比較的高かった印象。もしご覧になっていなければぜひ(まわしものではありません 笑)。